総合的なサービス利用

倉庫

保管から輸送まで

世の中で生き残っていくためには、経費を削り、サービスは維持していくことが求められており、納品に関しては欲しい時に欲しいだけ納品することが当たり前になってきています。そのためには、受注から納品までの時間短縮をしながら、コストを抑えるという相反することを行っていく必要があります。そのための方法として、自社で人を増やして対応していたのでは、人件費の高騰が起こり、利益は上がってきません。こうしたときに考えたいのが、製品の保管から物流まで請け負っている物流倉庫のサービスです。物流倉庫では、一時的な製品保管だけではなく、顧客の要望する場所へ運び、納品までの一連のサービスを行っているところがあり、物量によっては、かなりの格安の料金設定を行っているところがあるのです。特に、納品先が物流倉庫に近く、納品先の関連会社であれば、なおさらその可能性は高く、物流倉庫から各社の荷物を納品が可能になるため、運送コストが格段に安くなるのです。こうした物流倉庫は、定期便を走らせていることも多く、小まめに時間選定をすることができることもメリットとなり、顧客の欲しい時に納品することが可能になるのです。また、納品先の近くに倉庫があった場合、アクシデントが発生したときにも代替品の納品から、ちょっとした検品作業が発生したような場合でも、新たな再納期の設定も素早くすることができ、顧客の信頼感をより勝ち取ることも可能になるのです。

Copyright© 2018 トランクルームの活用法【不用品が無駄なくおさまる】 All Rights Reserved.